未経験からエンジニアへ転職するために行うべきことと注意点

みなさまおはこんばんにちは、せなです

今回は未経験からエンジニアへの転職を考えている方に向けて

転職するためにはどのようなことから手を付ければ良いかを解説いたします

IT業界の知識を集める

初めにあなたがIT業界について全くの無知であるのなら

IT業界についての知識を集めましょう

集めるといっても「どうやって集めるの?」、「何を集めればいいの?」となると思います

ですので簡単にIT業界に関する事と注意事項を説明いたします

エンジニア採用=コードを書くわけではない

「エンジニアとして採用します」

この言葉を聞くとエンジニアとして採用されるんだと大半の方が思います

確かに事実ではあるのですが、「エンジニア」といってもあなたが想像しているエンジニアとは全く違う仕事を行うことになることがあります

そもそもエンジニアというのはコードを書く仕事だけではありません

インフラを管理するエンジニアやプログラムのテストを行うエンジニアもいます

未経験歓迎には注意

「未経験からでもエンジニアになれます‼」こんな感じの謳い文句で求人を出しているのは要注意です

IT業界では後述するSlerなどの派遣事業(明確には派遣ではない)を行うことで、未経験者でも現場に放り出されることがあります

その際にしっかりと研修などを行ってくれるようならまだ良いです

ですが右も左も分からないままに、他社の社員に囲まれて仕事をする・・・なんてこともあります

Slerには注意

Slerとは簡単に説明いたしますと、自社の社員をほかの会社の開発現場へ一定期間貸し出してその現場の作業を行います

このSlerの問題は地力がつきにくく成長しにくい環境の可能性が高い、ということです

Slerと似たものにSESというものがありますが違いについて解説いたしますとややこしいこととなります

SlerとSESはほぼ同じものと思っていただいて結構です

どんなエンジニアになりたいのかを明確にする

エンジニアとして転職する前にどんなエンジニアになりたいのかを考えましょう

Webフロント側を触りたいという方はフロントエンドエンジニア
Webサーバー側に興味があるという方はサーバーサイドエンジニア
サーバーの保守などをしてみたいという方はインフラエンジニア

一例を挙げましたがほかにも色々あると思います

ご自分が何を目指したいのかをよく考えてみましょう

エンジニアになるための言語学習を行う

未経験の採用にあたってはプログラミング言語をある程度出来れば採用確率はグンと上がります

その際にどんな言語でも構いませんが、ご自分が目指されているエンジニアの種類によって覚えた方がいいものは違ってきます

一人で勉強するのは難しいと感じる方は、オンラインでプログラム学習を行えるサイトなどを利用したりするとよいかもしれません

フロントエンドエンジニアであればHTMLやjQueryなどの知識を覚えるとよいです

サーバーサイドエンジニアはJavaを使う現場が多いので覚えておくとよいです

プログラムを一つ作ってみる

プログラムを作ってと言われると大変そうだとか、自分には無理と思われるかもしれません

ですが高度なものを作らなくてはいけないわけではなくて、簡単なものでもいいのです

自分で考えて作ったという経験があれば面接などでも有利になり、今後の自分の力になるので作ってみると良いです

最後に

いかがでしたでしたか?

短いですがエンジニアになるにあたって注意することや、やるべきことを書いてみました

参考になれば幸いです
ではでは~

雑記

Posted by sena