Kivyのタブパネルの実装方法

みなさまおはこんばんにちは、せなです

今回はKivyのタブパネルの実装方法について説明したいと思います

環境

Python:3.7
Kivy:1.11.1

タブパネルの基本構文

タブパネルは基本的に「TabbedPanel」と「TabbedPanelItem」を使用して実装します

from kivy.app import App
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
class RootWidget(BoxLayout):
    pass
class TestTabPanelApp(App):
    def build(self):
        return RootWidget()
if __name__ == '__main__':
    TestTabPanelApp().run()
<RootWidget>
    TabbedPanel:
        TabbedPanelItem:
            text: 'Tab'
            Label:
                text: 'Label'
        TabbedPanelItem:
            text: 'Tab2'
            Button:
                text: 'Button'

TabbedPanelの子にTabbedPanelItemを追加することで、簡単にタブを増やすことができます

タブパネル画像

タブパネルのキーワード引数

デフォルトタブの非表示

デフォルトタブは「do_default_tab」に「False」を設定することで、非表示にすることができる
※do_default_tabはデフォルトでTrue設定

TabbedPanel:
    do_default_tab: False

デフォルトタブのタブ名変更

「default_tab_text」を変更することで、デフォルトタブ名を変更することができます

TabbedPanel:
    default_tab_text: 'Default Tab'